プエラリア・ミリフィカの入手

| コメント(0) | トラックバック(0)
プエラリア・ミリフィカの原生場所は、タイとミャンマーの国境付近の原生林です。

プエラリア・ミリフィカは女性向けの美と健康を保つ健康食品として世界的に注目を浴びるようになりました。

その一方で、希少植物であるプエラリア・ミリフィカの乱獲防止と産業保護を目的として、タイ国政府はこの植物の生塊根などの繁殖可能部位の輸出を禁止しました。

タイでは加工品(製品)しか輸出しないという輸出規制があり、さらにミャンマーは内戦状態にあったため、安定した入手は困難です。

また、タイ・ミャンマーからの 輸出品についても、原生しているものを収穫し加工しているため、学者でも判別の難しいプエラリア・ミリフィカだけを採取することが現実的に難しいのです。

異物の混入や、輸出製品自体にプエラリア・ミリフィカが含まれない可能性もあるのではないか、という意見もあります。




現在では、タイ政府が承認したプエラリア製品の輸出には必ず輸出許可番号が付きます。
これが無い製品は、政府が品質を認定したものではありません。

政府はプエラリアの輸出認可に厳しい品質基準を設けているため、認可を受けられるメーカーはわずかしかないのが現状です。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1netsea.com/mt/mt-tb.cgi/84

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2008年9月14日 16:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プエラリア・ミリフィカとは」です。

次のブログ記事は「プエラリア・ミリフィカの効果はウソ?本当?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。